Suncha cafe

 Facebookでもお知らせしていましたが8月31日に綾部の「Suncha cafe」さんで、松本こうすけさんとナカガワユウジさんのライブがありました。靑竈も隣の向井酒造の長さんと共に出店で参加させていただきました。開場時間に辿り着けずにお茶を楽しみにしていだだいていたお客様には失礼を致してしまいましたが、タブラとサーランギーによる素晴らしいセッションに会場は温かい大きな拍手でつつまれていました。他の出店は「フォンディン」さんのタイカレーと「ビスタリカ」さんのチヂミ。フレッシュな香辛料を使ったジューシーな爽やかさが特徴的なタイカレーと、元気で明るい自家栽培のお野菜を使ったチヂミはどちらも、また味わいたい一品でした。

 

 当日に用意させていただいたのは、水出しのジャスミン茶と烏龍を4種と金萱茶。以前から一度いってみたかった「Suncha cafe」さんと一度いってみたい舞鶴市の「Fon Din」さん、それから前日に丹後の平(へい)海水浴場の「Peace  Music Festival」でお会いした「ビスタリカ」さん、大好きな「向井酒造」さんとの食のコラボも楽しく過ごさせていただきました。

 

 会場に来ていただいた最後のお客様をお見送りしてから「Suncha cafe」の、みーちゃんとつよぽんと長野の大鹿村からいらした方と一緒に水を4種類使って聞茶を官能しました。使用した水は普段靑竈で使用している伊根の湧き水、向井酒造の仕込み水、Suncha cafeの井戸水、滋賀県朽木で毎年行われている「山水人」の会場の山水の4種。知らなかった茶葉を楽しむみたいに水が引き出した烏龍茶の香りと味を堪能させていただきました。

 

 深夜に帰り支度をしつつ少しだけ店内を撮らせていただきました。

 

 

    

 

 

 

 

 

 

電線と花火

 8月30日は伊根花火でした。今年も靑竈の前にテーブルを仮設してお茶の販売をしてみました。今年は水出しのお茶は用意せずに温かいジャスミン茶と烏龍茶の2種類。天気は予報とは違って、花火がきれいに夜空を彩りました。

 

 今回の花火に初登場したのは伊根町のゆるキャラ「ふなやん」。実物とはだいぶ雰囲気も違いましたが、横になったり斜めになったりしながら数回打ち上げられて観衆を楽しませてくれました。

 

 靑竈の舟やの2階も開放していたのですが、ご利用されたお客様はいませんでした。舟やの2階からは混雑から離れて、静かな環境で花火がよく観えます。来年は利用していただきたい素敵な場所です。

 

 

DSC_0011.JPG

 

     

 

 

 

煮干し

 今年は何度も作ってる煮干しです。伊根と新井崎の漁港で買って来た小さな鯵と鰯を塩ゆでして干した煮干し。近所にお住まいの野良猫に食べられて減ってます。猫の身体には悪いのであまり食べないようにといっても聞く耳なし。

 

 作り方は持ち帰った魚を何度かやさしく洗って鱗を落として、たっぷりの海水で2分30秒茹でます。日陰で扇風機の風をあてながら、4日程干します。天日に半日干して出来上がりです。夏場は蝿が寄ってくるので扇風機の風は強で。保存は天日干しした熱が十分に冷めてから容器に入れます。

 

 出汁をひくときは頭とはらわたを取った方がいいかも。小腹がすいた時やお茶請け、お酒の肴にもおすすめです。この夏覚えた料理は、腕ほどに大きく育ったキュウリを半分に割って中の種をスプーン等で取り、煮干しと煮て醤油、酒、味醂で味付けして片栗粉でとろみをつけたもの。滋味地味料理w 地元の方に教えていただきました。

 

DSC_0013.JPG

 

 

 

梅干し

 近所の永濱農園から小梅をいただいたので、梅干しを作りました。参照にしたのは藤巻あつこ著「梅干し・ウメ酒・うめ料理Q&A」。先月の連休後に天気の良い日が3日間続きましたが、その後は今月の18日まで雨曇りの日が続き干すのが予定より1ヶ月近くも遅れてしまいましたが、なんとか干せました。漬ける前に少し熟し過ぎたせいか酸味が少ない仕上がりでぱくぱく食べれてしまいます。来年までもたないなぁ。

 

DSC_0093.JPG

 

 

 

本庄祭 宵宮

 8月2日伊根町の浦神社で行われた本庄祭の宵宮を観に行ってきました。1200年前から続いていると云われる本庄祭、境内のかがり火と内宮で叩かれる太鼓の音。8時半頃になると各集落から順に提灯行列が「伊勢音頭」で宮入り、お祓いを受けその後、提灯を先頭に上半身裸の男たちが、参道の鳥居の外から騎馬と共に拝殿に駆け込みます。酒を浴び歓喜の声をあげて何度も繰り返し駆け込みながら盛り上がって行きました。

 近年は祭りが土日に行われることが多く残念ながら靑竈を休んで行くことが出来ないこともあります。今年は別のイベントで翌日の本祭は行けませんでしたが、来年は観てみたい。もう一度宵宮から。

 

    

 

 

 

chinzao-facebook-page
follow us in feedly
Instagram