夏至と水の試飲

6月21日10:07、2018年の夏至。

 

この時期の伊根は湿気ていて兎に角カビる。

木や竹製の物、綿、革はもれなくカビる。

毎年サーキュレーターや扇風機に活躍をお願いして、なんとかこの時期をやり過ごしてます。

 

昨年の6月21日、靑竈は通常営業で、夕張に電話をかけて天日海塩(お塩ちゃん)を箱で注文してました。

火入れしていない生のお塩でオススメです。

 

IMG-0316.JPG

 

一昨年の6月21日は今年と同じくお茶用の水の状態が整わず四苦八苦、眞名井神社の4日目、大内峠の長命いっぷく水の2日目、如意寺の水の3日目、宮津(府中)の水道水の4日目、伊根の水道水、伊根の水道水+浄水器を烏龍茶を使って水の試飲をしていました。

靑竈は暫くの間臨時休業中にしてしまっていて連日、水の試飲を繰り返していました。

 

IMG-0317.JPG

 

一昨々年は猿が勝手に訪ねて来てたようです。

4年前はスマホを失くして、SNSにアップ出来ない状態。

5年前は脚に入れていた金属を取るために舞鶴共済病院で2週間入院中で、6年前も4ヶ月間の入院中でした。

 

1013523_533744093346719_483635731_n.jpg

 

今年はゴールデンウィークの後半からずっとお茶用の水が不安定で香りが立ちにくく、上手くお湯の状態を仕上げられないので困ってます。

一昨年の場合はお盆前に回復したのですが、今回はどんなかんじでしょうか。

 

お茶の水問題はここ数年で4度(期間が短い時で約3ヶ月間)経験しています。

 

全国の多種(20種以上)の水を試し続けてみて、これまでは何らかの環境の変化の影響で水の状態が変わってしまったんだと思っていました。

 

しかし湧き水というものは長い年月を経て地上に出て来る水もありますし、どの水も沸かすと同じような(まるで同じ病気に罹ったみたいに)感じの状態になって仕舞いがちなのです。

 

違う性質の水も沸かすと同じような状態になってしまうということは、どうやら沸かすことで起こる水の変化かもしれないので、空気が原因では? とも最近は思い始めました。

 

ガスとか電気とか沸かし方や沸かす道具を変えてみても同じでした。

 

他の仕方もあるでしょうが、もうしばらくは水の試飲を続けてみます。

       

 

 

 

 

久しぶりの春の味覚

春の味覚といえば竹の子や菜の花、山菜、春キャベツなどがありますが、私的にはワカメは外せません。

京都府で唯一の海女さん「さっちゃん」こと大西幸子さんが採ってきたワカメをいただいてからは、ワカメも待ちわびる春の味覚になりました。

 

丹後では殆どの漁師さんが、箱メガネなどで海底を覗き、棒の先に着けた鎌で刈り取る水視漁法といわれる採り方でワカメを採りますが、さっちゃんは海女さんなので潜ってのワカメ漁。

さっちゃん曰く海水の冷たさは「全身の毛穴が針で刺されている様に痛い」のだそうです。

 

そんな貴重なワカメですが待てど暮らせど届かず、他の漁師さんから譲っていただくことも出来ますが、我慢して待つこと3年。

久しぶりに、さっちゃんが採ってきたワカメをいただきました。

 

 

IMG_20180317_092611.jpg

3月の上旬にさちゃんが潜って採ってきたワカメを靑竈の2階で干しました。

 

塩抜きのため洗って干しますが、水で戻して使うなら2回、そのままか軽く炙って食べるなら3回水洗いしてから干します。

 

ご飯にふりかけたり味噌汁や和え物、酢の物や刺身などワカメを堪能しましたが、一押しはワカメのしゃぶしゃぶ!

しゃぶしゃぶというよりもしゃぶっと一瞬潜らせるだけ。

 

採れ立てのワカメが手に入ったら是非お試しください。

美味しくて大量にワカメが無くなります。

 

ワカメがあったら何故か竹の子も欲しくなります。

若竹煮が食べたくてワカメをいただいてから待つこと1ヶ月。

近所の竹林に竹の子を採りに行くもイノシシに先を越され、辺り一面は耕運機で耕された様になっていました。

 

全部かよ、根刮ぎかー、少しは遠慮して人にも残しとけー、イノシシめー!

 

 

2018-04-18_07.22.52.jpg

何とか見つけた2本の小さな竹の子を、皮をむいて半分に切り沸騰したお湯に重曹を入れてアク抜き、10分茹でて火を止めそのまま冷ましてから水に晒しました。

土佐清水のぶ厚く削った宗田節でお出汁をとって念願の若竹煮をいただきました。

 

今年はウグイスのホケキョがあまり聞こえない。

山間部で見かけたツバメはそろそろ伊根湾にやってくるかな。

 

伊根は暖かくなってきました。

日の出頃や黄昏時の舟屋でのお茶もおすすめです。

通常の営業時間外の予約も承りますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

イワシのみりん干し

桜の花が散って温かい日と肌寒い日の繰り返し、今季最後と思っていた豆炭こたつにまた火を入れたりしています。

一昨日は早朝に霙のような雪が降りました。

 

前回のブログで書いた一ヶ月以上続いた30年ぶりのイワシ漁も終わり、大敷網で捕れる魚の種類が変わってきました。

沢山作って保存しておいたオイルサーディンは食べ終えてしまい、みりん干しもあと一食分となりました。

 

IMG_20180317_092918.jpg

IMG_20180317_092838.jpg

伊根漁港で買ってきたイワシの鱗をとって三枚におろし、さっと洗って一時間ほど舟屋で陰干ししました。

 

IMG_20180317_092759.jpg

IMG_20180317_092715.jpg

醤油六割みりん四割のタレをジプロックに入れて、干したイワシを六時間漬け込んでから天日に干しました。

天日で干し終えたふわふわで美味しいみりん干しを室内に干しておくと、段々と硬くなってきて噛むと味わいのあるみりん干しになってきますが、出来立てのふわふわと、固くなってゆくみりん干しのどちらも好みです。

フライパンで火を極小にして皮目から焼くとじわーっと脂が出てきます。焼き色がついたらひっくり返して身の方を軽く焼いて・・・

 

好みの干し具合になったら冷蔵保存すれば日持ちしますし、冷凍すれば一ヶ月以上保存出来ます。

わりと簡単なので、新鮮なイワシが手に入ったらオススメの調理方法です。

 

 

 

 

 

 

 

マイワシ大漁

伊根で2月21日頃から続いた大漁のマイワシの水揚げ量も段々と減って来ました。

昔はマイワシ漁が1ヶ月以上も続いたことがよくあったと漁師さんに聞きましたが、今回の豊漁は何と30年ぶりだとか。

ダンベと呼ばれる容量600kgの水槽で100本(ダンベは1つを1本と数えます)も捕れた日もあって、漁港はマイワシでいっぱいでした。

マイワシが捕れるとマイワシを捕食する魚も捕れると思いますが、これほどの大群となると天敵も恐れをなすのでしょうか他の魚の水揚げは僅かで、実にマイワシばっかりな印象でした。

 

DSC_0121.jpg

魚の種類と大きさを分けてダンベに入るマイワシ。
ここは比較的小さな魚を選別する所で、左手に行くと中→大→極小に分かれています。

 

 

2018-02-27_16.19.02.jpg

2018-02-27_17.22.29.jpg

丸干し、刺身、蒲焼き、塩焼き、白子と卵の塩辛を作って美味しくいただきました。

来週は雨が降らない天気予報なので、みりん干しを作ってみる予定です。

 

 

 

今日は陽春

一昨日は春一番の強風で今日3月3日は陽春。

 

今年は例年よりも積雪量が多く、店内に舞い込んで来た雪で舟屋の椅子や机も白くなっていました。

 

降雪日が多く、原チャリでは水汲みに行けない日が続いたので水不足を心配していましたが、伊根から先の浦入(かまにゅう)方面は丹海バスが運休になっていたり、以前は無料だった町営の駐車場は昨春に有料になって一部ロック方式(フラップ板)を設置したので除雪車では除雪出来ず、雪が積もったままで使えなくなってたりして、何せ雪見酒がやりたくなる誘惑に駆られた日が多かった程の雪また雪で、来客は少なく水は何となく足りてしまいました。

 

IMG_20180124_123827_337.jpg

IMG_20180124_100503_208.jpg

 

去年はお客さん用の暖房しかなくって布団に入って寒さをやり過ごしていましたが、段々と暖かくなって来て、今季初めて世話になった豆炭こたつの炭の数が、最近は2個で足りる様になってきました。

 

 

 

chinzao-facebook-page
follow us in feedly
Instagram